タイヤ青年きたよ

はてな界隈の大型新人

2019年に取ろうと思う資格3つ

 

気がつけばもう3月。。新年の抱負には遅いですが、今年中に取ろうかなと思っている資格が3つあります。

もともと難易度関係なく、毎年1つずつ資格を取ろうと思っていますが、今年は少し時間に余裕があるし、このブログのネタ的にも経過報告出来るものがあればいいなぁと思っているところです。

なので、今年はドドンッと3つ取ろうと計画しています。3月時点でまだ何も手を付けていないので、既に計画倒れ気味ですがこれから巻き返したいと思います。

 

あ、ちなみに自分は資格自体には意味がないと思ってる派です。資格取得=キャリアアップは一部の業務独占資格くらいでしょう。資格=教養として解釈してます。もちろん資格を取って、それに関する実務を積んでいけばキャリアアップにはなるかもしれません。でも、、資格とったら達成感あるし楽しいからみんなも取ろう! 

MOS マスター(最低でもExcel・Wordエキスパート)

f:id:neko30:20190305004009j:plain

MOS マスター・・・正式名称「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター」という長い名前です。
簡単に言うとみなさんおなじみのパソコンソフトOfficeがちゃんと使える証明するよ資格です。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下:マイクロソフト オフィス マスター)は、Microsoft Officeの同一バージョン(Office 2016、Office 2013、Office 2010)のなかで、規定の4つの試験科目に合格したすべての方に贈られる称号です。
対象となる全科目の取得後は、複数のOfficeアプリケーションの総合的なスキルを証明する、マイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。出典:オデッセイ

下の4つの科目を同じバージョンで合格すればもらえるらしいです。

・Word Expert
・Excel Expert
・PowerPoint
・AccessまたはOutlook

これだけで4回試験受けないといけないから、4つ資格取るのと同じことになります。
今回はこの4つ取ることを前提として1つの資格でカウントします。

MOSマスターを取ろうと思った理由

使っててイライラすることがあったから

正直今までの仕事でそこまでOfficeソフトを使うことがなかったので必要性を感じていなかったけど、去年から使う頻度が高くなりました。

それで使っていると・・・

あ、くそ!文章の開始位置がそろわねぇ、、、

なんて言うことがしょっちゅうありました。

こういうのって、ちょっと期間があけばまた同じところでつまづくので、毎回試行錯誤しながらごまかしごまかし使うより、もういっそ一通り操作方法を覚えた方がいいなと思ったわけです。タッチタイピングと同じで、絶対その方が時短出来る。

そして、Microsoft Officeは日本中のパソコンに入っているにもかかわらず、ちゃんと使いこなせている人は実はメッチャ少ないんじゃないかと思っています。

実際MOS マスター取っているのは8万5000人ちょっとしかいません。
もちろんマスター持ってなくてもバリバリ使える人はたくさんいると思うけど、圧倒的に使えない人が多いので、正しく使えるだけで出来ない人からは一目置かれ、出来る人からも「ちゃんと出来るやつ」という認識を持ってもらえると思います。

mos.odyssey-com.co.jp

FP3級

f:id:neko30:20190305012321j:plain

ファイナンシャル・プランニング技能検定3級

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。出典:日本FP協会

FP協会ときんざいという2団体が別々でFPの資格試験をしています。違いがよくわからないのでとりあえず僕はFP協会ってところで受けようと思っています。違いを細かく書いてあるサイトもあるけど、受かればどっちも一緒でしょ。

FP3級を取ろうと思った理由

あまり知られていませんが、街のクルマ屋さんは保険の代理店をやっていることがほとんどです。保険の代理店だけを営んでいるところを「専業代理店」、不動産や自動車屋をしながら保険代理店もしているところを「兼業代理店」なんて呼んだりします。自動車屋さんはあたりまえですが、その大多数が自動車保険をメインで扱っています。

僕の会社も自動車保険がメインですが、火災や労災上乗せ、生保まで全部扱えます。なので、今後国内の自動車保有台数が減っていくのでその他種目の保険の割合を増やしていこうと思っています。そのためにFP3級を最低限の教養として取っておこうというのが理由です。最終的には1級まで取ろうと思います。

3級だと50%前後の合格率なので、まぁ余程出ない限り落ちないと思います。

行政書士

f:id:neko30:20190305020357j:plain

行政書士

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づく国家資格で、官公庁への提出書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立て手続(特定行政書士の付記がある者に限る)等の代理、作成に伴う相談などに応ずる専門職である。弁護士・弁理士・司法書士・税理士・社会保険労務士・土地家屋調査士・海事代理士と共に職務上請求権が認められている8士業の一つである。出典:ウィキペディア

官公署に提出する書類の作成代行が出来る資格です。代書屋なんて呼ばれています。届け出から許認可書類までその種類は3000以上にのぼるので正直仕事内容が分かりにくいです。離婚専門や、建築許可専門などみんな自分の得意分野があるそうです。

行政書士と取ろうと思った理由

自動車屋なので意外に行政書士と関連性があります。
自動車を購入する際、車庫証明を取り付けなければいけません。
その時に行政書士の資格が必要になります。資格のない自動車屋は行政書士に代行したりしています。

各都道府県の運輸支局に行くと行政書士が常駐していたりします。いい商売ですね。

自分もどうせ必要なら取っちゃえということで今年必ず取りたい資格です。

ってか実は一昨年挑戦しましたが見事に落ちてしまいました。来年の試験は民法改正後の内容になるので、参考書を買い換えないといけなくなるためちゃんと勉強しようと思ってます。。がんばります。

フルカラーテキストの行政書士試験講座【アガルート】

まとめ

とここまで書いて思ったのが、、おれ出来るの?
毎年1つ資格取るって言う目標のはずなのに、欲張り過ぎな気がしてきた。

でももう、書いちゃったからがんばる。

 

ここに書いた資格取ったって人いたらアドバイスください。

ばいび~ 

【スポンサーリンク】