タイヤ青年きたよ

はてな界隈の大型新人

自作PCデビュー①パーツの規格について調べてみた

f:id:neko30:20190324162800j:plain

自作PCを組んでみようと思うんだ

今使っているパソコンは2015年に買ったThink Pad X1 Carbon 3rd です。

年が経つにつれどんどん薄型軽量されたラップトップが出ているので昔のPC感が徐々に出始めていますが、仕事するには全く不便はありません。

だけど、去年から契約しているAdobe CCのPremireを使いたいのにすぐフリーズするのでストレスが溜まっています。

まぁ前回パソコン買って4年目だし、そろそろ高性能のパソコンを買おうかと思ってYouTubeを徘徊していると自作PCのチャンネルにたどりつきました。


【悲報】総額70万円の自作PC、メモリー交換でも動作不安定(動画書き出しエラー)【Ryzen Threadripper 2990WX 最終回】

これがかなり面白くて15本ほど動画を見た後、自作PCを組むことに決めました。

メーカーの既製PCにも飽きてきたし、パソコンを勉強するにも良い教材なので一石二鳥ですわ。

 

自作PCに必要なもの

OS

マザーボード

電源ユニット

CPU

メモリ

ストレージ

GPU

PCケース

 

ざっとこんな感じです。

他にもモニタ、マウス、スピーカーとかあるけど一般的すぎるので省いています。 

いざPCパーツを買っても、ちゃんと適合していないとゴミになるから気をつけるんじゃよ。

気をつけないといけない規格たち

自作PCを組むにあたり、一番気をつけないといけないのが規格です。

メーカーやブランドによって異なった規格を採用している場合、個々の部品を買っても付きません。当たり前ですが。。

最初はどの部品にどんな企画があるのかわからない状態からのスタートでしたが、ネットをぐるぐる回っていると少しづつ分かってきました。

①CPUソケット

マザーボードにCPUを埋め込むのですが、この埋め込み口がインテル、AMDというメーカーやCPUの型によっても違います。

使いたいCPU対応したソケットのマザーボードを買わないと悲しみしか残らない状態になるので気をつけてください。

最近は将棋の藤井聡太君も使っているAMDのRyzenが人気ですが、Intel用のマザボには取り付けられません。

 

例えばこのCPUとマザボは両方ともLGA1151というソケット形状なので適合します。

f:id:neko30:20190324141405p:plain

f:id:neko30:20190324141409p:plain

・CPU:Intel Corei7 intel BX80684I79700K

・マザボ:ASUS ROG STRIX ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING

まずはどのCPUを使いたいかを決めてマザボを考えましょう。

 

②フォームファクタ(マザーボードのサイズ)

E-ATX

ATX

MicroATX

Mini-TX

マザボをのサイズには上の4種類があります。基本的にマザボのサイズのことなので自分が使いたいPCケースにこのマザボが入るかを気にしていればとりあえず大丈夫です。

 

この場合、フォームファクタがATXのマザボに対し、ATX、MicroATX、Mini-TXが収まるPCケースなので適合します。

f:id:neko30:20190324142402p:plain

f:id:neko30:20190324142406p:plain

NZXT H500: NZXT PCケース CA-H500B-W1 H500-WH ホワイト

ASRock Z390 PRO4: ASRock Z390 PRO4

 

③電源ユニット

電源ユニットには電源容量というものがあります。

自分の自作PCで必要なワット数以上の電源ユニットを使わないとPCが死にます。

電気がバチンと落ちたらデータ消えるかもしれないので僕は何も考えず850Wにしようと思います。

 

下のリンクから自分の構成に必要な電源容量を調べることが出来ます。

電源容量計算(電源電卓)電源の選び方|ドスパラ通販【公式】

 

④メモリ

今主流のDDR4とCPUがSkylake以前のDDR3,DDR3Lがあります。

新しいCPU使うならDDR4で問題ないと思います。

あとマザーボードも対応可否があるようなのでそこも注意。

CPU 対応メモリ
第1世代/Nehalem DDR3/DDR3L
第2世代/Sandy Bridge DDR3/DDR3L
第3世代/Ivy Bridge DDR3/DDR3L
第4世代/Haswell DDR3/DDR3L
新第4世代/Haswell Refresh DDR3/DDR3L
第5世代/Broadwell DDR3/DDR3L
第6世代/Skylake DDR4/DDR3L
第7世代Kaby Lake DDR4
第8世代/Coffee Lake DDR4

まとめ

とりあえずこれだけ気をつけていれば適合してなくて部品がゴミになることは無いと思います。

ここも気をつけろ!ってのあったら教えてください。

【スポンサーリンク】